夫無職、収入ゼロ!生活費がない夫との未来をイメージ出来ますか?

今の時代、夫が外で働き、妻は専業主婦という家庭は少なく、多くの世帯が共働きとも言われています。

しかしながら、何かがきっかけで夫が無職となり生活費が妻のパート収入のみになってしまったとしたら、あなたならどうしますか?数ある選択肢から、三つを挙げて、あなたの未来をシミュレーション。どんな未来が見えますか?

無職の夫から見えてくる、これからの生活とは?

夫を専業主夫に育て上げる?

増えてきているとはいえ、まだまだ少数派の専業主夫という考え方。妻側にそれなりの収入があるからこその選択肢でもあります。日本では男女の収入格差も根強いので、実際に夫が無職だから妻が家計を担うというのは非現実的な気もします。

しかし、夫が家事や育児に向いていて、望んで主夫業をこなしてくれるのならば、夫婦の絆がより強固になるきっかけにもなるかもしれません。

なんとかしてもう一度働いて!

何かのきっかけで夫が働く意欲を失ったとすれば、その根っこの問題を解決しなければなりません。精神的な病気の可能性も考えられ、再び働くことに意欲を持たせるのは少し時間が必要かもしれません。

また、男性の中には自分が働かず、妻を働かせてしまっていることに罪悪感を覚え、働く意欲を失っていたり、自分が働かなくても稼いでくる妻にプライドを傷つけられ自分の存在価値を失ってしいたりも考えられます。

男性はプライドで生きているようなもの。妻としては根気よく話し合うことが必要となりそうです。

我慢の限界。離婚をする

実は、夫が働かないから仕方がなく働く妻は「いつかまた夫は働いてくれるはず。それまで私が彼を支えなきゃ」という意識がとても強いようです。

「いつか」って、いつですか?

その不確定の未来のために、今のあなたを犠牲にしていて、今、幸せですか?働けない夫を可哀想に感じたり、夫婦は支え合うものと思うことはありますが、自分をもっと大切にしてほしいと思います。

あなたが壊れてしまう前に、働かない夫と離婚をするのはあなたの未来にとって大切な選択ではないですか?

いかがでしたか?

もともと男性というのは本能として、妻子を守り養うものと設定されています。

もしかすると働かないというのは彼らには苦痛なことかもしれません。自己犠牲で夫婦関係を繋いでいるのか、愛情から一緒にいるのかをもう一度自分に問うて欲しいと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

徳村寛子

神奈川県在住、シングル歴8年目。マヤ暦を使ってセラピストをしています。趣味は映画鑑賞。中でもSFとファンタジーが大好き。ライフワークは、シングルマザーの恋愛応援。自分を愛して、愛される人生を体現しています。やっぱり笑顔が一番素敵!がモットー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)