離婚のための別居前には住宅ローンにまつわる知識をつけておくこと

離婚の時に揉める元はお金の問題・財産分与です。婚姻中に住宅を購入されている場合はその住宅も財産分与の対象になります。

この場合は離婚の時にではなく別居の時に下調べをしておくことが重要となります。いざ離婚になった時に困らないように事前に準備をオススメ致します。

婚姻中に購入した場合に確認するべきこと

先ず、どちらが住むかを考えておくこと。その次に、ローンが残っているのかどうか。
名義は誰なのか。連帯保証人は誰なのか。売却するといくらぐらいになるのか。

などは、必ず家を出られる前には調べておくことが必要です。

住宅を売却する時は慌てない

離婚をする時に住宅を売却することが一番手っ取り早い方法かと思います。
ローンの残高に寄るかとは思いますが、後のトラブルなどを考えると売却を視野に入れておいて下さい。

その場合は、不動産屋で金額が大幅に違うことがあります。慌てて売却して、大損ということがないように、何社にも見積もりを取って頂いた方が良いのではないでしょうか。

住宅ローンが残っている家に住む場合には

婚姻中に、ご自分が住宅に残る時に起こりうること。ご主人名義で住宅ローンが残っていた時に離婚時にローンの支払いを約束してくれていても本当にローンを確実に、ご主人に支払ってもらえる確実な保証があるのか?どうなのか?

ご主人が支払えない時に、ご自分で支払える金額であるのか考えなくてはなりません。自分が住むことになったけど、家を出なければいけない状況も想定に入れておかないといけません。また、住宅の名義がご主人で他に借金などがあった場合も同じ状況になり差し押さえが来てしまう場合もありますので注意して頂きたいと思います。

いずれにしても、住宅の名義がご主人・ローンもご主人が支払う場合は、心配がつきません。

連帯保証人になっていませんか?

購入された住まいに、どちらが住むにしても自分が連帯保証人になっている時。

ご主人がローンを払えなくなった時には、債務の責任も自分に付いてきます。その為に、連帯保証人を変えることも大事なことです。簡単にいかない場合が多いので事前に調べておいてください。そのままにして置いた場合は、妻の方にいつまでも催促がくる事を忘れないで頂きたいです。

ABOUTこの記事をかいた人

鈴木明美

「いくつになっても女性を楽しみ自分らしく幸せを感じる生き方へ」をコンセプトに活動しています。Pure Heart 鈴木あけみです。私自身もシングルマザーとしていろいろな実体験の中から、こうして幸せを感じることが出来るようになりました。当時は少しの知識だけを頼りに離婚をしてしまい、思ったようにならずに大変な苦労をしました。知識がある、ないではシングルマザーになった時に天と地ほどの差がでます。皆さまのお役に立てるようにと活動しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)