人生においてのスキルアップのチャンス!経験値と資格どちらが有利?

将来を考えたとき!女手ひとつで生活できる資格の種類を知る

夫と離別し、子どもを引き取り、一家の大黒柱となったシングルマザー。
離婚後の環境は人それぞれ違えど、シングルマザーに共通している課せられた課題は「子どもを養い育てていかなければいけない」ということ。

そのためには、まず「職に就く」「収入を得る」ところからスタートし、次いで「生涯稼いでいけるほどの技術を身につける」というステップを踏みます。

「技術を身につける」とは、なにも「手に職をつける」という意味だけではなく、ここでいう「技術」とは、経験であったり、知識であったり、人生においての「スキルアップ」のことを指します。

結婚・出産を選択した女性が通る道は

とは言うものの、「経験」や「知識」は生きながらにして、積み重ねていくものです。
若くして結婚と出産をした女性は、どうしても社会人経験が少ないまま、社会(仕事)から一時的に離れざるを得なくなります。

出産後、子どもを0~1歳時から保育園に預けることができる環境であれば、一時的に仕事から離れてしまう時間も最小限になります。

ですが、待機児童も多い昨今、住んでいる地域や、タイミングによって、出産後の母親の「稼ぐ能力を身に付けて行く」という意味でのキャリアへのモチベーションは、この時点でそれぞれが大きく異なったものになるでしょう。

人生においてのスキルアップのチャンスは

資格は取っておくと有利?

「資格」とひとことで言っても、「資格がなければ就くことができない職種」
「実務と伴える資格」、「長く活かせる資格」など、用途や選択する仕事によって大きく変わってきます。

資格取得のハードルが高いものほど、勉強時間の確保もそれなりに必要になります。

その資格は、「取得をして需要がある職種なのか」「将来性はあるのか」なども見極めることが重要です。
安易に取得できてしまうものほど、後に必要性がなくなってしまう可能性が高いものです。

資格を取った後も途切れない職種は?

ライフラインに関わること、生命に関わることなどが、いつの時代も流行りすたりなく生涯に渡って必要とされる職種であり、このような仕事は同時に資格所持条件もついてまわるものが多いです。

意外と知られていない職種もあるので、いつの時代も流行りすたりのない資格にはどういったものがあるのか、リサーチしておきたいですね。

垣根を取り払うには自立支援給付金という手段も

資格取得の条件に、専門課程を卒業していなければいけないものもあります。
その課程を満たしていないシングルマザーが、これからその条件を突破するためには様々な困難があり、第一には時間とお金の確保が必要になります。

あまりにその垣根が高い場合は、
厚生労働省:母子家庭自立支援給付金及び父子家庭自立支援給付金事業の実施について など、利用するのもひとつの方法です。

自立のための高等職業訓練促進給付金等事業の制度について~その1~
自立のための高等職業訓練促進給付金等事業の制度について~その2~

さいごに

しっかりとした資格を取得するのであれば、それに向けての実践と経験を積んでいける環境づくりも視野に入れて、意味のある資格取得を選択していただきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)