母親が子どもの監護権を持つ場合と親権との違いについて

「親権」は離婚時に必ず耳にしますが「監護権」ってあまり聞かない方もおられるかと思います。
まずは監護権とはどういうものかお話致しますね。

監護権ってなに

親権は身上監護権と財産管理権に分けられます。

身上監護権・子どもの身の周りの生活の世話や教育を受けさせること社会に出るための成り立ちを育て上げること。
財産管理権(法律行為の同意権)・子ども名義の預金や財産の管理、財産に関して未成年お子どもに代わって法的な手続きをする立場。

つまり監護権は親権の中に属する権利ですがなぜ監護権が独立した権利になることが起きるのでしょう。

母親が監護権を持つということ

多くの場合どうしても親権を譲りたくないという父親の主張の為に分かれることがあります。

しかしながら仕事で家を空ける事が多いことから実際は母親が一緒に暮らし生活の世話をする形になります。
親でありたいという想いから調停・裁判までもめるようでしたらこの二つの権利を分けて考えるのも離婚をスムーズに行うひとつの考えとして持たれるといいのではないでしょうか。

監護者のあなたが気をつけること

離婚届けには、親権者だけが記載され監護者欄はありませんのできっちり書面(離婚協議書)で残しておきましょう。
戸籍上、親としての記載はありませんが実際に子どもと暮らしているため養育費を受け取ることが出来ます。

子どもに何かあったとき親権者に「法律行為の同意権」があり父親の同意等が必要になることがあります。例えば未成年のアルバイトなどの雇用契約や交通事故などの損害賠償を求める訴訟や子供が相続した財産を売りたいなどの時に少し手間が発生します。

監護権でも児童扶養手当は貰えるの?

安心してください貰えます。
児童扶養手当申請時に戸籍謄本と住民票を提出しますが戸籍謄本が2通必要となります。

子どもが父親の戸籍に入っているので子どもの謄本と、自分の謄本が必要です。
住民票は母親の名前が確認できるよう世帯全員が記載されるものを用意しましょう。

さいごに

役所などに提出する書類に監護権の記載はありませんので、やはり「離婚協議書」をしっかり残しておいてくださいね。
主張できなくていざという時トラブルになっては大変ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)