ふたりの財産となっている車を売却する場合の手続きなどについて

車も離婚の際には財産分与の対象となりますが、どちらかが所有するのではなく、売却をして売却金額を二人でわけるという方法もあります。

ローンの返済が難しかったり、名義変更でもめてしまったときなどは、一度売ってしまい、その売却金を二人でわけるほうがスムーズかもしれません。

財産分与の対象とならないこともある

離婚の際の財産分与とは、婚姻中に二人で作った財産をわけることです。
婚姻前から持っていた車は個人所有で共有のものではないため、離婚後も引き続き、購入した側が乗り続けることができます。
また、どちらかの親からの贈与や援助で購入した車は分与の対象にはなりません。

ただし、維持にかかる費用を夫婦二人で負担していたときなどは対象となることがあります。注意しましょう。

ローンが残っているケース

現金の一括払いで購入していたり、ローンが完済している場合には問題ありませんが、返済がまだ残っている場合には、ローン会社に無断で車を売ってしまうことはできません。

完済するまでは、ローン会社に所有権があることがほとんどだからです。
財産分与のために売る際には、まず、ローン会社に連絡を入れましょう。

売却金額がローンの残高よりも多かった場合には、売却金で返済をした後に残った金額を夫婦二人でわけることになります。
注意しなくていけないのは、売却金額よりもローンの残高よりも少なかったときです。
ローンも財産分与の対象となります。残りの金額は夫婦二人で返済することになります。

少しでも高く売るには

売るとなれば、少しでも高く売りたいものですよね。
いきなり売ってしまわないで、いくつかの買取会社に査定をしてもらいましょう。
今はネットで一括査定をすることもできます。

車種によっては、会社ごとの査定額が大きく変わることもあります。基本的には、その車種に強い会社がより高く購入してくれることが多いようです。

その車を専門に扱う買取会社や中古車販売店などがあれば、査定をしてもらいましょう。
車を購入したディーラーでも引き取ってくれるところがあります。

さいごに

貯金とは違い、そのものを二つにわけることのできない車。

どちらかが乗り続けることが難しいときには、財産分与するために売却を検討することも多いでしょう。少しでも高く売るために、手間を惜しまずに査定をしてもらうことが大切です。

今は便利な一括査定のシステムもありますから、賢く利用していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)