あなたの「働く理由」は何ですか?ひとが仕事をする理由とは

人はなぜ働くのでしょうか。

「生活のため」「子どもの学費支払のため」「借金返済のため」「将来の夢を叶えるため」など、大半は「お金のため」になると思います。どれも、正しいことです。

ひとり親であるシングルマザーの方であれば、特に「収入」ということに重きを置いていることも多いことでしょう。

果たして、働くことは本当にそれだけでしょうか。働く理由について、考えてみます。

働く理由=お金を稼ぐため?

手元に、お金がないことを考えてみましょう。あなたがやりたいことはできますか?買いたいものは買えますか?出来ないことが数多くあるはずです。

お金は生きていく上で、必要不可欠となります。働く理由はお金を稼ぐことと考え、仕事をしている人が大多数のはずです。とはいえ、お金を稼ぐことのみを考えて仕事をしていると、毎日業務をこなしていく日々が辛くなることがありませんか。

「人間関係がもつれた」「仕事に対して意欲が湧かない」「無理をして体調を崩してしまった」そうなると、悪循環となりだんだん仕事への意欲を失くしてしまいます。

お金は「何のために」稼ぐ?

お金は「何のために」稼ぐのでしょうか。お金を稼ぐことは手段であり、目的ではありません。では、働く目的とは何でしょうか。大きく分けるとふたつあると思います。
1. プライベートを充実させるため。
2. 仕事での対価、評価のため。
全てを満たすことは、そう容易くありませんが、どちらかひとつを満たすだけでも、仕事への意欲に繋がり、人生がより豊かになります。

働く理由:1.プライベートを充実させるため

プライベートの充実には、様々な理由があります。「旅行に行くため」「欲しい洋服を買うため」「美味しいお酒を飲むため」「家族との時間を過ごすため」価値観は人それぞれ異なりますが、仕事との時間とメリハリをつけ、プライベートを充実させ心を満たすことは、仕事の意欲向上へ繋がります。

プライベートを充実させるために必要なこと

例えば旅行が好きで、3泊4日で海外旅行の計画をするとします。その際、必要なことは「お金」と「時間」になります。

残業や休日出勤が多く、有給休暇をとることが困難なら、報酬が高く予算が確保できたとしても、3泊4日の海外旅行を計画することは難しくなります。

好きなこと、やりたいことができずに我慢をして仕事をしていると、不満が溜まり仕事への意欲が失われる可能性があります。プライベートを充実させるには、収入と休日のバランスが大切となります。

働く理由:2.仕事の対価、成果のため

仕事は「何のために」しているのでしょうか。理由は様々だと思いますが、主にふたつ考えられます。それは、「対価」と「成果」です。

対価とは、勤務時間や業務内容での報酬になります。成果とは、業務の質や量で利益を生むことです。このふたつを得ることで、達成感や高揚感を得ることができます。

仕事をすることで得られること

全ての人が、やりたい仕事に就けるとは限りません。不本意ながら、今の仕事に就いたという方も多いと思います。

そのような環境の中で満足のいく業務ができるかといえば、難しいかもしれません。けれども、携わった業務で満足のいく「対価」と「成果」を得られれば、自信に繋がります。

さらに自分自身のスキルを高め、次の業務ではモチベーションが向上し遂行することができます。

なかなか一筋縄にはいきませんが、仕事での達成感や高揚感は、仕事をする理由のひとつとなるはずです。

さいごに

人はなぜ働くのでしょうか。それぞれ様々な仕事をする理由があるかと思います。
自分自身のためだけではなく、家族や職場の仲間、取引先の方、お客様、携わった人々の役に立てる喜びが仕事をする原動力になると筆者は考えます。

子どものために、自分のために働くシングルマザー。働くことは、考え方ひとつで有意義な時間にできるはずです。そうすることで、実りある人生になります。

「あなたの仕事をする理由は何ですか」改めて見つめ直してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)