シングルマザーが仕事を見つけるポイント!優先順位を決めておこう

シングルマザーとなった私が、子どもたちと生きていくために最初にとった行動。
それは就職活動。
子どもを育てていく以上、しっかりと働かなければいけません。

しかしシングルマザーになるまでは「女性が子育てしながら働く」ということが、これほどハードルが高いことだとは、思いもよりませんでした。

働きたいという想いが空回り

面接に行けども、企業の面接官からは「採用を検討させてください」の返事ばかり。
これでは、「働きたいという想いが置き去りにされたまま」で、まったく前に進むこができません。

「お子様が、熱が出た場合、見てくれる方はいますか?」
「たまにある休日出勤は、厳しいですよね?」などと、
働きたい想いを受け入れてもらえない言葉が多かったです。

目線を変えてみたら・・・

仕事をしなければいけないのに、焦りばかりでなかなか決まらない。

そうやって時間だけが過ぎて行く中で、このままではいけないと奮起し、少し目線を変えてみることにしました。

それが正解だったのか、一歩離れて見ると「シングルマザーだからこそ選べる」仕事がある事に気づいたのです。

シングルマザーが働きやすい環境の企業

シングルマザーにとって仕事は、生活・育児の両面で必要不可欠なものです。

金銭面・働きやすさなどの条件が少しでも良いところを探すこと。
シングルマザーが働きやすい環境を整えている企業はたくさんあります。

シングルマザーを歓迎している会社、シングルマザーを積極的に採用している企業も存在しています。

「特定求職者雇用開発助成金」支援を利用している企業について

「特定求職者雇用開発助成金」とは、シングルマザーを雇用する企業に、国から助成金が
支払われる制度のことです。

この制度を取り入れている企業は、シングルマザーを積極的に採用している可能性があり、期待できます。

ここ数年ではこういった「助成金支援」を利用している企業も増えつつあり、シングルマザーが就活しやすい現状となって来ているのです。

一定以上の収入と将来性がシングルマザーの仕事選び

母親がひとりで子どもを育てるには、お給料はとても大切な要素です。

また、長く続けられる仕事かどうか、シングルマザーにとって働きやすい職場かどうかを見極める必要があります。

まずは必要条件を明確にし、将来につながるかどうかを判断できれば長く続けられる仕事を確保できる事。

シングルマザーは、ひとりで家計を支えなくてはならない

金銭面が第一で、仕事内容にはそれほどこだわらないという人もいるかもしれません。

しかし、子どもの成長にともない、思っていた以上の出費が増えること。

自分自身も、年齢を重ねていく事を考えた場合、やりがいを感じながら長く働くことができ、昇進・昇給の可能性のある仕事を選んだほうが良いのかと思います。

「自立支援教育訓練給付金」をご存知ですか?

「自立支援教育訓練給付金」とは、シングルマザー・シングルファザーの資格取得を応援する制度です。

指定の教育訓練講座を受講すると、費用の20%が給付金として支給され、2年以上の就学期間が必要な資格であれば、この期間中に月額10万円が支給されるので、金銭的な負担が軽減されます。

最も必要とされている「介護福祉士」資格が取得できる講座、ネイリスト講座、エステシャン、IT系から事務系など他にもあり。
職業安定所だけでは賄えないので、一般の専修学校が協力している為、募集科目も増え、募集人数の幅も大きくなってきています。

失業保険給付との併用も可能

失業保険給付を受けながら、上記講座の受講も可能となっております。

「離婚」をして、現在の職を離職しなければならない時。

その離職した職場で、雇用保険に加入していれば、失業保険給付を受ける事が出来る。
失業保険給付を受給しながら、上記の資格が取得できる訓練講座が受講できます。

「私には資格などない」と諦めないためにも、挑戦しておきたいことのひとつです。

さいごに

シングルマザーが利用可能な「支援制度」は、必要に応じて活用されることをお勧めします。

今まで元の夫に頼っていた事から、完全離脱しなければならない。どう生活していくか先を考えると、不安でなりません。

でも、このような支援制度を利用して、自分の武器を手に入れ仕事に繋げたいものです。

子どもとの生活ばかりで、一生懸命になりすぎて考える余裕すらないお母さん。
一度立ち止まり、「今後の自分の見直し」をする時間を設けたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)