子育て期が過ぎたシングルマザーのその後は!誰のために生きる?

シングルマザーの生き方について、20代、30代の時に考えることと、40代、50代、60代となってから考えることは、かなり違いがあるでしょう。

シングルマザーの子育て時代と子離れしてからの生き方についてお話しします。

子育て時期のシングルマザー

シングルマザーの子育ては、行政も企業も、今は応援や支援があります。しかし、その中にも、支援や制度があったとしても直結してない場合もあります。

1人で子どもを育てるということは、時間も生活も子育ても、お母さんが軸となり、判断し行動し、子どもたちの将来の為に、人並みの生活を送れるようにとシングルマザーは頑張っています。

子どもが自立し、子離れ親離れすることは、頭で理解していても、日々の生活からなかなか現実として捉えられないのが多くの現状です。

子離れ・親離れ時期のシングルマザー

多くのシングルマザーは、子どもの学校教育を終えると同時に、どこか寂しさと嬉しさの混じり合うようです。

これまでの生活は変わらず、同じ職場で、同じ仕事をしていても、なんだか気持ちが違うなど、孤独感と寂しさが一気に襲い、身体を壊してしまうことも少なくありません。

しかし、反対に子育ての役目を終え、これからは自分だけの人生を、描いていた通りに行動される方もいるのです。

シングルマザーとして,ひとりの女性としての人生

シングルマザーという言葉が、当たり前のように飛び交い、社会でも認められ、また、必要とされる人も多くなりました。

ひと昔前であれば、「シングルマザー?」「大変だし、会社としても休まれるのは困る」など、就職も困難な状態が多くありました。

今、たくさんの情報社会の中、シングルマザーが、自ら選択することができる時代になっています。人より心の傷みや、喜び、感謝、頑張り、仕事に対する意識、男性に対する意識、人間関係、社会との関わりも多く経験することによって、確実にこれからの社会で生きていくことは、生きやすい時代なのです。

自分の思い込みを変えてみる

「子育てをしなきゃいけない!」「シングルマザーだから全部自分でやらなきゃいけない!」「子どもはお母さんが育て、一緒にいる時間を持たなければいけない!」そんな思いも、多くのシングルマザーは思った経験はあるのではないでしょうか?

「しなければいけない!」という「いけない」という言葉の意味を、どう捉えるかで、子育て時代も子離れ親離れ時代も、随分変わってくるのです。

シングルマザーとしての自分の未来に向かって

ふと、自分の未来を考えた時、不安になった時、自分にとって、「今、一番しなければいけないこと」をじっくり整理してみることをオススメします。

私は、「しなければいけない」この思い込みは自分だけのものであったことに、子どもの成長と共に思い知らされました。

そして今度は、子どもが成長していくと同時に、親の将来を気にするようになる時期もくるのです。子どもも自立すれば、自由になります。

子どものためにも自分の人生を歩んでいく

そこで、自分を1人で育ててくれたお母さんの為に子どもは頑張る傾向にあります。子どもが、お母さんの将来を心配し、優先し、子どもが、子ども自身の人生の自由な選択肢をできなくなってしまった・・・なんてことになったら、お母さんは嬉しいでしょうか?

誰かの為に生きるということは、とても素晴らしいことですが、それは自分を生きている土台があってこそ。

そして、溢れる笑顔や感情を、周りと共に共有していくことが、「誰かの為に生きている、お役にたてる」と感じ、即ち、自分自身で自分の人生を歩んでいくことが自然にできるようになるのではないでしょうか。

さいごに

「子どもの為だから・・・」と想う母親に、子どもにとっては、「頼んでない!」ということも、もしかしたら、あるかもしれません。

あるいは、「子どもの為だから・・・」子どもにとっては、もしかして素晴らしい愛情を受け取るかもしれません。

答えはひとつではないからこそ、人間関係のコミュニケーションが大事になってくるのです。

まずは、自分のためにゴールを決めることです。そして、後にゴールが変わってもいいのです。今現在、描くゴールがどこにあるかで、日々生き生きと生活できることと思います。お母さんの笑顔は子どもにとって、最高の幸せとパワーになることでしょう。

子育てを終えた後のシングルマザーの人生を、あなたはどう歩んでいきたいでしょうか?

ABOUTこの記事をかいた人

櫻原 てるみ

4人のシングルマザーです。今、現在も子育て中。悩み、苦しみ、逃げ出したい時もありました。でも、今は、子どもと過ごす時間が一番幸せです。離婚を経験し、こんなに苦しまなくても方法はあったのでは?と、カウンセリング・コーチングを学び、「母の笑顔と子どもたちの未来」「笑顔溢れる人生を」「寄り添い・応援する」カウンセラー・コーチ。そして、大好きな美容の仕事。美と心のプライベートサロンSmile-dreamを運営しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)