シンママ必見!子連れで楽しむオシャレな港町・横浜観光スポット3選

関東の数あるレジャースポットの中でも、オシャレな港町といえば、横浜。横浜と一口に言っても、中華街、山下公園、マリンタワーに元町。一日では周りきれないほどの魅力が詰まった場所です。特にJR桜木町駅には二つの横浜があります。

近代的な建物と大きな船、観覧車、遊園地、赤レンガ倉庫などを見渡せる「みなとみらい地区」。もう一方には商店街や公共施設、紅葉坂、にぎわい座など昔ながらの横浜を感じられる野毛地区。大人が楽しむ場所が多いと思われがちですか、実は子連れで楽しめるスポットがたくさんあることをご存知ですか?

今回はリーズナブルな遊び場から、ちょっと贅沢な遊び場まで、横浜の魅力をぎゅっと凝縮してお伝えします。シングルマザーが子連れで一日楽しめる、それでいてちゃんと横浜を満喫できる観光スポットをご提紹介します!!

1.横浜市が運営!昔ながらの野毛山動物園はハマっ子の御用達!


横浜市には市が運営している動物園3か所あり、その一つが野毛山動物園です。

なんと、入場料は無料!横浜市民にとって「身近な動物園」というだけあり、野毛山公園の中にある動物園です。動物の生態をそのままを見られる大型の動物園が増える中、昔ながらの飼育をしている小さな動物園。

しかし、飼育する動物はなんと約100種。実際に小動物と触れ合うことのできるコーナーや、休憩がてら軽食がいただけるカフェ、お土産物が買えるショップなど、無料スポットでも十分満足いただけます。

そして国内ではここ野毛山動物園でしか見ることのできないニューカレドニアの国鳥「カグー」が飼育されていたり、夏には閉園時間を延長して夜の動物園を楽しんだりとここでしか味わえないものが盛りだくさんです。

公園内のお散歩コースにもなっていて、のびのび遊べる穴場スポットで動物に癒されてはいかがですか?

**************
名称:野毛山動物園
住所:神奈川県横浜市西区老松町63-10
**************

2.乳児から小学生まで!あそびのせかい MARK IS みなとみらい店


子どもの遊び道具を取り扱うボーネルンドが展開する全天候型遊戯施設「キドキド あそびのせかい」では乳児から小学生までが十分遊べる大型施設です。知育、運動、心を育む遊び道具や遊具があり、子どもなら何時間でも遊び続けられること間違いなし!

特にここには「プレイリーダー」という子どもと一緒に全力で遊んでくれるスタッフが常駐。男性のリーダーもいますので、シングルマザーでは出来ない大きく体を動かす遊びなどもしてもらえるのが嬉しいところですね。雨が降ってパワーを持て余してしまう時には、思い切り遊べます。

有料の施設ではありますが、そのぶん普段は出来ない遊びもあり、子どもたちのワクワクする気持ちが伝わってきます。併設したショップではボーネルンド社のおもちゃも購入できますので、一度足を運んでみてはいかがですか?

**************
名称:ボーネルンド あそびのせかい MARK IS みなとみらい
住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい3-5-1 MARK IS みなとみらい3階
**************

国民食の歴史を学ぶ!カップヌードルミュージアム


日本の国民食と言っても過言ではない、インスタントラーメン。それを世界で初めて発明したのが日清食品創業者・安藤百福。

彼がどうやってインスタントラーメンを作り出し、世界に誇れる日本の食文化へと発展していったのかを学べるミュージアムです。とはいっても、子どもたちに一番の人気は、世界で一つだけのオリジナル「カップヌードル」が作れるファクトリーです。整理券が配布されてもあっという間に無くなるという人気の体験型スポット。

しかし、カップに好きな言葉や絵を書くことも出来るので、思い出の詰め込まれたカップヌードルが作れますよ。

また、自分が麺になって、カップヌードルが出来るまでを体感できるアスレチック施設もあり、子どもから大人まで楽しめる体験型ミュージアムです。ここでしか買えないオリジナルグッズもありますので、一味違った休日にいかがでしょうか?

**************
名称:カップヌードルミュージアム
住所:神奈川県横浜市中区新港2-3-4
**************

さいごに

今回は小さなお子様連れでも楽しめるスポットをご紹介しました。みなとみらいエリアだけではなく、横浜は遊べる場所がまだまだたくさんあります。

おいしい食事、オシャレなカフェ、ショッピングも映画も、体験型施設に屋内レジャースポットなど、狭い範囲で行動できるのが横浜の最大の魅力。大型のショッピングモールをはじめ、町全体で企画された季節ごとのイベントなども豊富です。

また、公共交通機関も観光スポットに近い駅が多く、連帯サイクル、なんと自転車タクシーなるものもあり、移動も楽に多様になっています。若者の街から、子育て世代に優しい街へと変化している横浜で、楽しい休日のひと時を過ごしに来てはいかがですか?

ABOUTこの記事をかいた人

徳村寛子

神奈川県在住、シングル歴8年目。マヤ暦を使ってセラピストをしています。趣味は映画鑑賞。中でもSFとファンタジーが大好き。ライフワークは、シングルマザーの恋愛応援。自分を愛して、愛される人生を体現しています。やっぱり笑顔が一番素敵!がモットー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)