シングルマザーだからと諦めないで!親子で楽しめる子連れ格安旅行

シングルマザーだからといって子ども連れの旅行をあきらめていませんか?
情報をうまく活用し、リサーチ次第では格安で楽しい旅行ができます。

子連れ旅行になりますので、ある程度子どもが大きくなってからがおすすめです。
ベビーカーに乗るような年齢の場合では、数年後に話をしても記憶にないということになってしまうこともあります。

また、ひとりで子どもを連れて行くことになるシングルマザーには荷物が多くなってしまうこともかなりの負担になります。自分の荷物は自分で持ってくれるくらいになってからが良いでしょう。

まずは行き先を決める

子どもが行きたいところはもちろんのこと、さらにお母さん自身も楽しめる場所を選びましょう。

子どもだけ楽しんでお母さんが疲れただけで楽しめないということがないように。人気スポットであれば東京ディズニーランド、ディズニーシー、ユニバーサルスタジオジャパンなど。

王道だけでなく、子どもの趣味や関心事を考慮して決めるのもいいですね。

行く時期はいつがいい?

連休や長期休みを利用するのが一般的ですが、格安で済ませるためにはシーズンオフをねらう方が良いでしょう。ピーク時より人出も少ない方が並ぶ時間が短く済むなどのメリットがあるかもしれません。

旅の目的は?

子どもが楽しむことはもちろんのこと。それと同じくらいか、またはそれ以上に大事なのはお母さんが楽しめるか?というところ。

普段の家事から解放されてゆっくり過ごすこと。お母さんの休養も兼ねていますのでここはかなり重要なところです。

移動のための交通手段?

住んでいる地域によって変わりますが、車、バス、電車、新幹線、飛行機など。
かかる時間や交通費等も含めて検討しましょう。

飛行機のチケットは高いイメージですが、格安チケットLCCなどは片道数千円で乗ることができる場合もあります。

搭乗時間やキャンペーンなども細かくチェックしながら格安の旅を楽しみましょう。
Peachのサイトで調べてみると関空―沖縄まで片道3490円なんていうものもあります。

旅行に行くための準備

金額チェック、予約時期によっては割引などがある場合も。

賢く安く旅行をするために、思う存分の思考を働かせて色々とリサーチしましょう。ツアーが良いのか?自分たちで組み立てる方が安くできるのか?自分たちに合うようなプランを選びましょう。

荷物は最小限に。子どもでも自分の荷物は自分で持てるようなくらいが理想的でしょう。

子どもと嬉しさを共有するために

夢や希望だけでなく、本当に旅行へ行けそうな目途が立ったとき、子どもに話しましょう。

行こうと提案した後に「やっぱり行けなくなった」となってしまった場合、行く気満々だったのに、無しになった場合のガッカリした気持ちを考えると計り知れないものがあります。

そして、なによりお母さんの信用を失ってしまうことにもなりかねません。

それからは子どもと一緒にパンフレットやサイトを見ながら、更に具体的に案を練ってみると、子どもたちも一緒に計画を立ててワクワク感も最大限に感じながら楽しめるでしょう。

出費のことも考えておきましょう

また、子どもの人数にもよりますが、どうしても出費はかかるものです。
友だちへのお土産や、自分の買い物、飲食等。
格安ではあるがケチケチはしない。出すところは出して、抑えるところは抑える。

スケジュールをざっくりとでも立ててみましょう。移動時間、ホテルなどのチェック、お金も足りそうかなど。

楽しみながら一緒に計画を立てるところから、もう旅行は始まっているようなものです。
行く前、旅行中、帰ってきてからも楽しかった思い出を話しながら、3度も楽しめる旅行はいいものですね。

また行こうねという希望もでき、また頑張ろうというお母さんのやる気にもつながることでしょう。

写真を撮るための準備も必要です

ぜひ親子写真を撮りましょう。今はスマートフォンさえあれば撮れてしまいますが、デジカメが1台あると重宝します。

数年後に親子で見返してもあの時はこうだったね、というような楽しい思い出を話すことができ、親子のコミュニケーションになります。

さいごに

シングルマザーだって、知恵を絞り、検索をすれば格安で子どもを旅行に連れて行ってあげることができます。あきらめないでください。

すぐにではなくても、数年後を予定して楽しみながら子どもと一緒に貯金をするのもいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)