100円均一ショップを利用して遊び道具を作る楽しさを!子どもと一緒に

お子さんと一緒に、遊び道具を手作りしてみませんか?

子どもの遊び道具。市販のものをたくさん購入するにはお金がかかってしまいますよね。
シングルマザーの家庭では、金銭面的にもオモチャなどの遊び道具へ、多くのお金をかけることは難しいかと思います。

しかし、子どもにとってのオモチャ遊びは、いろいろな形や手触りなど、触れることや遊ぶ方法から学べることもあります。

そこで今回は、コスト的なものも抑えることができる100円均一ショップを利用した「手作り遊び道具作り」についてご紹介したいと思います。

工具や木材などに触れさせてみよう

子どもの年代にもよるかと思います。お母さんが子どもの様子を見ながら、工具類、材木などに触れさせて見ましょう!

初めて触る工具の感触や木板のみの状態などは、普段触れることがない分、子どもにとってはとても楽しいものに変わるかと思います。

触れさせる際は、必ずお母さんがそばにいて、一緒に行ってください!

何を作るかの計画を立てて買い物へ行こう

子どもと話し合い、何を作りたいかを考えて計画を立てましょう。
◎ 何を作りたいか
◎ 必要な材料
◎ 完成図を子どもに書いてもらおう

計画をたてる際、作るものが立体的なもの、材木などを使用しているものに関しては、サイズを知る必要があります。

そのため、子ども自身に完成図を書いてもらい、サイズを測ることを経験させてみましょう!

100円均一ショップを上手に利用しよう

工具というのは、ホームセンターなどでみると意外と値段が高かったりしますよね。

何度も使用する場合は購入を検討してもよさそうですが、子どもと一緒に作る物だけの場合は、高い工具を購入しても、使用しない場合があります。

そして、工具を数種類もつことによって、危険にならないような場所に収納をしなければいけません。

そんなときは、一度100円均一ショップにいってみてください!工具を始め、材木や文具、絵の具やペンキなど、小さい大きさの物からあるため、使い残し問題もあまり心配することなく、購入できるかと思います。

遊び道具を作る工程も大切な遊びです

遊ぶ道具や、遊ぶために作るという工程。

その工程もきちんとした遊びの内の1つになります。作成開始から完成まで、数十分から数時間、数日がかかるかもしれません。

その時間も楽しい遊びになるので、お母さんも一緒に参加してみてください。

写真を撮ることで、アルバム作り

遊び道具を作る際、写真を撮ることをおススメします。

その写真は、お母さんにとっては思い出の一つとして「アルバム」という形で残すこともできますし、子どもにとっては「自分が頑張って作った成果」として残すことができます。

作ったものに飽きてしまった際など、形ある物は壊れてしまいますよね。そんなときに写真として残っていると、後から見直すこともできます。

たくさん遊び道具を作った際には、写真をとることで「子ども作品」として、ファイリングをしてもいいかもしれませんね。

作り始める難易度や作り方

手作りが苦手なお母さんも、今ではインターネットを利用することで簡単に作り方を知ることができます。

子どもがチャレンジしたいものを作ることが良いですが、初めての手作りから難易度が高いものを選んでしまうと、かえって大変になってしまい飽きてしまうかもしれません。

難しいものからではなく、簡単なものから始めてみるといいでしょう。

さいごに

子どもが自分自身で何かを作るということは、作る工程もそうですが、物に対しての大切さや、日々使用している遊び道具の作り方を考えるなど、いろいろな経験にもなるかと思います。

お母さんと行うことで、子どもと一緒に達成感を味わうこともできますよね。
遊び道具作り、子どもと一緒に楽しんでみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)