子どもにオモチャの片付けや整理収納をお願いして毎日を快適に!

子どもがいる家は、お母さんが頑張って片付けをしていても、オモチャや本などが散乱していたりしませんか?

子どもは、お母さんが片づけをしている側から、オモチャなどを引っ張りだしてきたりしますよね。

休みの日や、気持ちに余裕がある時は、仕方ないなぁと言いながらも、一緒に片付けをしたりして過ごせるかもしれません。しかし、シングルマザーの皆さんのように、仕事に家事に育児と、疲れていたりする時は、お母さんだってイライラしてしまったりしませんか?

「物がなければいい!」と、急に断捨離を決行してみても、いきなり全てに区別をつけるのは難しいですよね。

ここでは、断捨離をするまえに、今ある現状でもできる「整理収納」についてご紹介したいと思います。

よく使う物はあえて出す

子どもがよく使う物、お気に入りなオモチャや本はありませんか?お母さんが片付けをしてくれた部屋でも、よく使う物もしまわれてしまえば、使う際に探すのではないでしょうか。
探すということは、片付けをした部屋が、また散らかるということですよね。

二度手間、三度手間のような状態になってしまい、片付けをする意味がなくなってしまいます。

子どもがよく使う物は、あえて出しておきましょう!

いれるだけ収納

子どもの物が溢れかえった部屋、シングルマザーの場合は、仕事で疲れている上に、帰宅後に片付けをするのは辛いですよね。

あえて出しておく子どものオモチャも、メリハリをつける事が大切です。一番お気に入りのみ出しておき、それ以外はザックリとボックスやカゴなどを使い「いれるだけ」の収納をしましょう。

なぜ家ではできないのか考える

「片づけをしなさい!」とお母さんが言っても、子どもは片づけをしないか、怒られたことによって泣いてしまう子もいるかもしれません。片づけをしてほしいとお願いしても、なぜ子どもは片づけをしないのか、この部分を知る必要がありますよね。

子どもがとても小さい場合は、仕方がないと諦めもつきます。しかし、幼稚園に通いだし、片づけができるようになったはずなのに、家ではできないという子どもも多いです。

そんなときは、子どもに聞いてみてください。お母さんにも気付かない思いを持っている子どももいます。そしてお母さん自身は、家の中の収納方法を見直してみましょう!

家の中の収納を見直そう!

幼稚園ではできる。学校ではできる。家以外ではできる。
こんな場面に直面した場合、お母さんはどうしていますか?なぜ家以外ではできるのか。考えてみましょう!

大きい子どもの場合、今何かをやっている。何かをしたい時間だからと、子どもなりの時間配分を持っている場合があります。そんなときは、子どもと話し合いをして解決するようにしてみてください。

子どもの意見も聞くことで、お母さんのお願いも聞いてくれるようになる。ギブアンドテイクのような瞬間も大切です!

収納しやすい環境をつくってあげる

小さい子どもの場合、大きい子どもと同様、何かをしたいという場合もありますが、家の中の収納で片づけがしにくいという場合があります。どこに片づけをしたらいいかわからない。片づけをしたくてもできないという場合があります。

お母さんができること、それは家の中の収納を見直すことです。収納をしやすい環境をつくることは、子どもにとっても、お母さんにとってもプラスになります。

収納しやすい環境にする

整理、収納をする際、大人の中では、大まかでも片付け場所は決まっていますよね。

その片付け場所は、子どもにとっても分かりやすくなっていますか?小さい子どもになればなるほど、分かりやすくなければ収納をするということが難しいことになってしまいます。

分かりやすい収納とは?

◎ 収納場所に絵や図を使って明記する
◎ 収納場所をコロコロ変えない。
◎ 子どもの目線の高さに合わせる

子どもの好きなキャラクターを使う。収納してほしい絵柄などの写真を貼るなど、明記することで、何を入れたらいいかなどが分かりやすくなります。

そして、せっかく覚えた収納場所はなるべく変えないようにしましょう!模様替えや掃除などを機に、収納場所が変わってしまっては、せっかく覚えた事が台無しになってしまいかねません。

収納場所は、子どもの目線にあっていますか?危険な場所などを避け、片付けがしやすいような高さにあわせてあげましょう。

子どもに片付けをお願いしよう

片付けが苦手な子どもでも、いれるだけ収納の場合、喜んでしてくれる子が多いです。文字通り、カゴやボックスに「いれるだけ」だからです。そのため、お母さんが片付けをするのではなく、思い切って子どもの担当にしてみましょう!

子どもにお願いをすることで、何が苦手で、何が得意なのかもわかります。子どもに合わせた収納方法を見つけてあげるキッカケにもなりますよね。

さいごに

お母さんが整理、収納をすることは、家事を早く終わらせることができます。しかし、子どもにお願いをすることで、整理収納に対して一緒に考えることができます。

これを機に、子どもと整理収納を考えてみませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)