パートナーに対する「理想」からわかる・あなたが満たしたい感情とは

現在シングルマザーであるあなたも、これから結婚を考えているあなたも、どんなタイプの人が好みでしょうか?

人それぞれ、優先するものは違います。

ルックス重視の人、経済的な安定を求める人、包容力を必要としている人、思い浮かぶものがたくさんあります。

では、どうして異性に対してそれを求めるのかを考えてみてください。そこにあなたの望むパートナーシップの鍵があるかもしれませんよ。

無いものをねだっていると、手に入らない?

少なからず一つは、異性に対して「こうだったらいいな」という「理想」や「好み」があると思うのですが、どうしてそれを求めているのかというと、それが今の自分には「無い」と思っているからではないかと私は考えました。

過去の経験や固定観念からの生まれる「理想」

例えば、あなたの好みの男性が「優しい人」だとします。私も優しい男性は好きですし、安心できますよね。

私のパートナーもとても優しい人です。でも、たくさんの理想を浮かべたときに最も重要な要素として「優しさ」を挙げたとすると、あなたの過去の経験で「優しさが一番大切である」という意識が芽生えた何かがあったのではないでしょうか?

私たちが願いを唱える時、その時に「手元に無い」からこそ、「願う」わけです。私でいえば、「男性には優しさというものが標準装備である」と思っているので理想のタイプの一番に「優しさ」という言葉は入ってきません。

でも、もしあなたの経験上男性から優しくされたことがない、あるいは優しくされていてもちゃんと受け取っていなかったとしたら、一番欲しいものが「優しさ」となってもなんら不思議はありません。

「無い」状態だからこそ「求める」

それだけではなく、例えば「経済的な安定」を望んでいたら、今自分自身が経済的に不安定であったり、今の安定を保ちたいという願望かもしれません。

あなたの願望の本当の望みって何なのでしょうか。「望み」とは、無い状態でないと望めません。自分の望みが満たされていたり、失うことがないと決めていたとしたらそれを望む必要がありませんよね。

願望とは、自分が何を「無い」と思っているのかがわかってしまうのだと思います。

あなたがパートナーから得たい本当の気持ち

そうだとしたら、パートナーに求めているものは実は「仮」なのかもしれません。もし、パートナーから「優しさ」を与えられたときにあなたが感じるものは一体何でしょうか。

それは、パートナーからしか得られない感情ですか?「優しさ」の先にあるものが本当にあなたの欲しいものではないですか?

あなたの「理想」からわかるもの

私たちの感情は巧みに本当のことを隠してしまいます。だからこそ、その先にある自分自身の本当に望んでいるものを知ることが、パートナーシップの鍵なのではないかと思うのです。

やみくもにパートナーを探すことも否定はしませんし、私自身がそうであったように、パートナーが出来たからこそ本当の望みに気づけることもたくさんあります。

ただ、パートナーが欲しいと思いつつも、行動に移せないあるいは、良いところまで行っても破局してしまう、相手に自分をさらけ出せないなど、あと一歩を踏み出せないのであれば、その「理想」を一度思い浮かべてみてください。

そこからあなたの本当に欲しいものに気づけるかもしれません。そして、その本当に欲しいものが実はパートナーからではなくとも、自分自身で得られたとしたら、相手に望むことが変わってきませんか?

自分で自分を満たせば、相手にそれを望まない

パートナーから得たいそれらの感情を自分自身で満たすことが出来ると、相手に過剰にそれを求めなくなります。

そうすると、パートナーを探す時も、パートナーシップを育むときも余計な望みがなくなり、上手くいくのではないかと思います。ただ、私自身まだ難しく、パートナーに頼ってしまうこともありますが、「自分を満たす」ことを優先的にしていくことは出来ています。

「優しさ」によって、「安心感」を得たいのであれば、自分自身に優しくする、そして「安心感」を与える。少しずつ、自分の本当の望みに気づき、満たす。

これを繰り返していくのです。それは、恋愛、パートナーシップに留まらず、日常生活でも大きな変化を起こすものとなるでしょう。

さいごに

たかが「理想」、されど「理想」です。無意識で相手に望んでいるものは実はとても根深いものであり、その奥の本当の望みを叶えるのは自分以外出来ない。

そして、その望みの根っこにあるのは幼いころの自分の満たされなかった思いなのかもしれません。自分を大切にすることは自分の中の「小さいワタシ」を何よりも愛し、満たしていくこと。

そして、もし未来のパートナーの理想や、好みを決めるとしたら、未来の自分がどう在りたいかがとても重要だと思います。あなたがまだ見ぬパートナーと一緒に居たとき、どんな気持ちでどんな意識でいるのかを想像してみてください。

それが、シングルマザーである今後のあなたのパートナー選びと、パートナーシップの鍵となるでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

徳村寛子

神奈川県在住、シングル歴8年目。マヤ暦を使ってセラピストをしています。趣味は映画鑑賞。中でもSFとファンタジーが大好き。ライフワークは、シングルマザーの恋愛応援。自分を愛して、愛される人生を体現しています。やっぱり笑顔が一番素敵!がモットー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)