「養育費」の意味と子どもにかけたい「教育費」の関係とは?

子どもが成長するにつれて増えてくるのが教育費。
進学先によってもかかる費用は大きく変わります。

しかし、親としては子どもの望む進路を応援したいです。そんなとき、今受け取っている養育費とは別に、教育費として増額させることはできるのでしょうか?

そもそも、養育費は何を指すのか

養育費とは、衣食住にかかる費用・教育費・医療費・娯楽費などを含みます。

これは離婚の際に双方で話し合い、支払う側の収入に合わせて合意された額です。住居費や食費、衣服費などは大体の目安がありますが、教育費においてはおおまかに算出をしている場合も多く成長するにつれ教育費に割く割合が増えてくるのではないでしょうか。

では、減ることのない教育費を、養育費とは別に支払ってもらうことは出来るのでしょうか?

大きな負担になる教育費の割合

一般的に、教育費には進学先に支払う入学金、授業料、部活動の活動費、学校給食費、塾や習い事の費用などが含まれています。支払い額の相場は1ヶ月3万~6万円ほど。

基本的には養育費の中でやり繰りをして生活費、教育費等を捻出する必要があるようです。しかし、子どもの進学先によっては支払う学費は大きく変わってきますし、高校から先どの進路を選ぶかでも、学費を支払う期間も長くなります。

そして、私立校に進学した際にかかる費用が養育費に含まれるものなのかもそれぞれの価値観によるものも大きく、認識の違いなどによってはそれも含めての養育費と捉えることもあるようです。

さいごに

成長していかなければわからない、教育費。
長い目で見て将来の進学の際の増額などを最初の段階で取り決めておくことが重要なようです。

すでに養育費をもらっていて子どもの教育費が掛かっているようであれば、相手の収入などによっては増額できる可能性があります。専門の弁護士などに相談してみるといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)